東北の人と森を訪ねて

僕らabovoは、11月中旬、東北三県を駆け足で回り、木工職人など、森と共に暮らす人々を訪ね、撮影取材を行ってきました。

2009年にリリースされた、僕らのドキュメンタリー『木の来た道』を見てくれた方々はご存知と思いますが、もともと極東ロシアのタイガに向かったのも、現在の地球上に存在する森林に興味を持っていたからでした。

僕らの関わっているプロジェクトの一つ、Fairwood Partnersは、国産の木材を使用・利用することを提唱してきています。詳しくは、上記の『木の来た道』を見ていただきたいのですが、手短かに説明すると以下のような感じです。

日本は戦後、焼け野原からの復興などで、建築ブームに湧きました。とにかく、日本中ボロボロになってしまったのですから、家や施設や全てを一から建てなければなりませんでした。そのため、復興初期は日本中の山から木材が集められました。しかし、それでは到底足りません。植林をしながら、使っていきますが、需要が明らかに供給を上回る状態に陥りました。そして、海外から木材がどんどん輸入されることになります。そして、日本が様々な要因(もちろん、朝鮮戦争とベトナム戦争で、稼がせてもらいました)で戦後復興を遂げる中、日本は世界でも有数の木材輸入国になっていくのです。東南アジアやブラジルの原生林は、ただ伐るだけで、素晴らしい木を提供してくれました。しかも、人件費が日本よりも圧倒的に安いので、木もそれだけ安くなります。その状況を逆手に取ったビジネスです。ところが、ある時から、その南方からくる木材が問題になっていきます。さすがに、これではまずいという判断を国際社会がしていくのです。しかし、一度安くて良い、外国材を知ってしまった日本企業はなかなかやめられません。そこで、バッシングされやすい、南洋材(主に南の国からやってくる)から、北洋材(寒い地域の木)に輸入をシフトしていったのです。
その間、日本では、先に植林した杉やヒノキがどんどん育ち、90年代中盤には、使える木となっていきました。しかし、輸入される木材で出来上がった流通システムや仕事の仕方は、なかなか簡単に変えることは出来ません。国内には手を入れるべき森が沢山放置されています。そして未だに、日本の木材自給率は使用する量に対して、3割に満たない状態なのです。

今、環境問題を考えた時に、様々な切り口で問題は吹き出していますが、森林というものを見つめ直し、そこにある問題を提議し、みんなで捉えて解決していくことが、一つの道かもしれないと思っています。
そして今回は、東北地方の三県の木工職人や森と共に暮らしている人々を紹介するプロジェクトを始めました。短い映像ですが、それぞれの想いを伝えたいと思って制作しました。

ご覧いただければ幸いです。

三上雄己

『東北の木と暮らそう』Fairwood ‘Tohoku movie’ by Fairwood Partners from abovo on Vimeo.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>