映画「タイガからのメッセージ」撮影裏話② 2011年5月編

今回の森での撮影の大きな目的の一つは、野生のトラの撮影でした。どのようにそれが行なわれたか、それは次回6月の最終撮影レポートで詳しくお伝えします。

もう一つの目的は、本編の中で核になるであろう二人のウデへに話に聞くことでした。
一人はウデへのシャーマンの祖母を持つ、スベトラーナ・スミルノヴァさん。そして、もう一人はクラスニヤールにおいてウデへ語を話せる数少ない人である猟師のゲオンカ・イヴァン・トロフィモヴィッチさんです。

スベトラーナさんは村の猟師組合でハチミツの収穫などに関しての仕事の他、組合長を助けて働いている女性ですが、始めて会った時に不思議なオーラを放っていたのが印象的でした。後から知ったのですが、彼女のおばあさんはシャーマンだったということです。森など周りの自然と共に生きて来たウデへにシャーマニズムが深く根付いていていたのはごく自然のことでした。しかし、ロシアの開拓時代から始まりソ連時代にはシャーマニズムのほとんどは抑圧されていたようで、現代にいたる過程でほとんど形ばかりのものになってしまいました。地球上の他の多くの地域でも、同じことが起こったのは、みなさんもご存知のことかと思います。

この地球上に人類が出現してから長い間、われわれの祖先は自然と一体となって暮らしてきました。自然の恩恵を受け、それに感謝して生きてきたのです。時に自然は猛威をふるい、人間や他の動物たちの命を脅かします。しかし、それは自然と人間が一体であるという証拠。自然の中の命を頂いて生きているからには、自分たちの命も同じように失う可能性があるということなのです。持ちつ持たれつ、ギブ&テイク。そのことが、シャーマニズムの本質だったような気がします。スベトラーナさんの話は、そんな人と自然の深い関係を語っているように思いました。

そして、今回の撮影のクライマックスは、なんと言っても、ウデへの猟師の中でもベテラン中のベテラン、イヴァンさんにビキン川のほとりで、お話を聞いたことでしょうか。

ここまで科学が進行し、文明が押し進められた現代においても、ウデへの掟を出来るだけ守りながら、大きなタイガにたった一人で入り、狩りを続ける彼の話は、原発のことや現在の日本の混迷に疲れていた僕らに、一種の癒しのような作用をもたらしました。ウデへ語を操り、森や動物とのコミュニケーションの出来るイヴァンさんは、前述のスベトラーナさんが言うように、シャーマンとしての資質を持っている人でした。その彼の話は、僕らの魂をタイガに誘い、自然の本質を少し垣間見せてくれました。僕らが何故今、タイガに通って映画を撮っているのかを、もう一度深く確認出来た瞬間でした。

このようにして、今回の撮影は無事終了したのですが、来月もう一度最後の撮影でタイガに戻ります。その時のレポートをお楽しみに!トラの話も出てきますよ。乞うご期待! (つづく)

映画「タイガからのメッセージ」撮影裏話① 2011年5月編

こんにちは。三上雄己です。

abovoのドキュメンタリー最新作「タイガからのメッセージ」は、多くの方の暖かいサポートや協力によって、無事2011年暮れに完成しました。この場を借りて感謝の意を表したいと思います。様々な形でここまで応援して下さった皆さん、どうもありがとうございました!

そして現在、2012年3月中旬ごろからの上映会に向けて、方々で上映を打診中です。
また、各地で自主上映会方式もとっていきたいと思いますので、詳細情報をお待ちください。

そんな準備の間をぬって、映画に関しても取材もぼちぼち入ってきました。ラジオや雑誌で取り上げれているので、世に出るタイミングで、それも合わせて情報出していきますね。

では、映画のリリースを待っていていただく間、撮影にまつわるお話を少しアップしていきたいと思います。
今回は、2011年の春ー撮影も佳境に入ったころのことを綴っています。かなりボリュームがあるので、何回かに分けてアップしていきます。

******************************************************

タイガでの撮影はいつも何かしら特別なことや不思議なことが起こるのですが、今回5度目の撮影はいつにも増して特別でした。東日本大震災と原発事故直後だったことが大きな要因です。

今回の撮影のために日本を出発するのには、色々と考えさせられました。福島原発に何が起こってもおかしくない状態で日本を離れること、それにつられて社会情勢が非常に不安定になっていること、そんな中で家族や友人たちと2-3週間とはいえ離ればなれになること。また、映画の制作中でスケジュールを守らなければならないとはいえ、気持ちの中で映画のコンセプトや伝えたいことが正直揺れていて、多くのことが頭と心の中を駆け巡っていました。

ハバロフスクに着き、日本での原発災害や放射能汚染問題からくるストレスからにわかに開放されると、少しずつ自分に森のことや村の人々のことを考える余裕が生まれてきました。そして、相棒の木村輝一郎やコーディネーターの野口栄一郎、今回の旅にも同行した写真家であり良き仲間である伊藤健次の4人で話をしていくうちに、自分の中で段々と、タイガに対する気持ちや映画へのインスピレーションが再び沸き上がってくるのを感じました。

その気持はタイガへ向かう車の中で、自然の色合いが増していくのに連れてさらに膨らみ、タイガの手前で若い芽吹きや小川沿いに咲く花たちに出会うところで頂点に達しました。

ようやく、映画の完成への道筋が再度見えて来たのです。日本という自分たちの母体である場所が歴史的な天災と人災に見舞われたにもかかわらず、タイガというロシアの森やそこに住む先住民の生活を映画にして伝えるということの意味の重要性が再度自分の中で確認されたのです。

クラスニヤール村に着くと「フクシマ」という言葉を、みんな知っていました。彼らは日本の状況を知りたがりました。地震のこと、津波のこと、原発の こと、そして日本の人々の今の状態のこと。「フクシマ」という言葉が先行しているのを聞けば分るように、世界では福島原発のことが興味の焦点となっていま す。何故なら、放射能問題は、地球全体の問題に進展する可能性があるからです。(もう、すでにそうなっていますが)

クラスニヤールにおいても同様です。彼らは原発の状態について知りたがりました。そして日本政府や東電の対応について聞くと、彼らが25年前に経験 したチェルノブイリを引き合いに出して語ってくれました。いかに、政府や企業が民のことを後回しにするかということを。僕は、「フクシマ」が起こっている最中に「世界最悪の原発事故ーチェルノブイリ」を抱えていたロシアに通って撮影していることへの奇妙な縁を感じずにはいられませんでした。そして、彼らは口をそろえて、「もし日本に住めなくなったら、みんなロシアにくれば良い」と言ってくれました。そんな嬉しく暖かい「タイガからのメッセージ」をもらったところから、タイガでの春の撮影は始まりました。(つづく)

2012年:ちょこっとマヤ暦に関すること 

A Happy New Year, 2012!

僕にとって、2012から2013という年は結構大きな意味を持っていた。多分7-8年前まではもっと色々な思いをこの年に対して持っていたような気がする。それは、中央アメリカの辺りで一時期繁栄したマヤ文明の残した暦にまつわる話。

確か1995-6年頃で20代半ばだった僕は、マヤ暦がそれまで出会った暦の中で一番宇宙的な時間を表していると思われ、とても心を動かされたのを覚えている。すぐにはまったけれど、最初はなぜそんなに正確な天文学的な数値を自分たちの暦などに組み込んでいるのか、どうしてそれが可能だったのかが不思議でならなかった。

でもそんなことより、宇宙からのメッセージを受けとり、それを読み解く能力が備わっていただろう(これはあくまで個人的な憶測)マヤ人の書物の中で、2012という年がなぜそんなに重要なのかが、興味の焦点となっていった。

もともと、終末思想的な部分にはすでに興味がなかったのだけれど、(生まれて育った時代がノストラダムス的なものに翻弄され過ぎたのかも)、どうしてそこで暦が終わっているのか、何故その数字なのか、それが不思議でならなかった。それでも何となく、漠然と、その区切りは「意識の革命」とか「意識レベルでの大変化」を指しているんだろうとは思っていた。(あくまで、超個人的、希望的観測!)

しかし年月が過ぎ、自分自身、歳を重ねていくうちに、違う視点も持つようになった。

皆さんの多くもご存知のように、この「予言」もしくは「人類への警告」的なものは、世界各地、色々な文化の中で見られる。特に有名なのは、ネイティブ・アメリカンの「ホピの予言」、そして新約聖書の最終章で知られている「黙示録」。

それぞれの言葉が残された場所も時代も違うのに、なぜか指し示しているのは同じようなこと。「人間よ、やらかし過ぎると大変なことになるぞ」とか「最終的には人間はお互い殺し合っておしまいだよ」とか「自然をかえりみない傲慢なやつらには最後は天罰下る」みたいなものが大半。

どうして?これらの怖い言葉に対しての疑問はかなり小さな時から持っていた気がする。

そして、そんな問いを抱えながら(って言ってもかなり深層の部分でね)、今まで色んなところに行って、色んな人にあって、色んなことを聞いて、色んなことを経験しながら、何となくぼやっと感じてきたことがある。

もしかして、今まで人間は人類史の中で、かなりやばいところまで経験してるんじゃないか?

だから、あの予言めいた言葉たちは、非常に局地的で一時的だったにせよ、本当の体験から来てる言葉じゃないのか?

ノアの方舟は、たぶんその代表的な話。旧約聖書やメソポタミア神話に出て来る洪水のお話。世界中に形を変えて、名前を変えて存在する寓話であり神話。世界中で、知らない人はいないぐらいかもしれない。

では、なぜそんなにも、これらの事柄を言い伝えたかったのか?想像するに、種の生存本能が人間に行なわせている「知の伝達」行為。

「こうやったらダメになるよ」「こうやったから俺たちは滅んだよ」「こうしないと大変なことが起こるよ」ということを伝達することによって、後世の知恵とする。でも、体験談的にすると多分簡単にスルーされるから「予言」とする。

しかも思いっきり恐ろしい話で。

今の今まで人間は環境をがっつり破壊しながら自分たちのエネルギーとして使ってきた。そこに無くなれば、あちらに移動し、さらに伐って掘って削って・・・つまり、懲りてない。良く言えば前向き、悪く言えば行き当たりばったり。そんなに先は考えてこなかった。

でも、使うのが全部悪ってわけではないはず。使い方の問題なんだと思う。だって地球は、人間が地球上にある色んな資源を最終的に見つけて使うぐらいのことは分ってるはずなんだから。でも、その使い方によっては、天国も地獄もあるよ、ということなんじゃないかな。

予言(体験?)が伝えてくれるところは、ほんとにギリギリなところまで人間は行ってしまって、最後に地球(自然)に一撃をくらってるっていうパターンが多い。または、自然が一撃加える前に人間同士が奪い合い殺し合う。

第一次世界大戦では1000万人以上の人々の死が報告され、欧州ではこれがまさに「ハルマゲドン」だと当時は言われていた。

しかし、そんな凄まじい殺し合いをも軽く越えたのが、第二次世界大戦。60カ国6000万人(7000万人とも言われている)以上の人々が5年ほどの間にこの世を去った。その間に効率的戦闘方法や大量殺戮のための兵器が凄まじいスピードで開発され、それと同時に僕らが普段恩恵を受けている「科学」が進歩したとされる。

そして、現在。

先の大戦争が終わって67年目の2012年。67年間、世界は大きな戦争をせずにここまできた。(それは進歩かも)でも、その間の経済発展と人口増加。2011年の11月、地球の人口は70億人を突破した。

それまでは、地球のどこかに資源が残っており、それを利用すればなんとかなっていた。だから、自由資本主義経済の原理も成り立っていた。

これから、人類は完全に未知の段階に突入する。

でも、たぶん心と魂の深いところではみんなどうすればいいのか、もう分ってる。

アラームは鳴り続けている。

鍵はみんなが握っている。

let’s make it together, brothers & sisters.

peace, love & light,

youki mikami

辰年を迎えて思うこと

明けましておめでとうございます。

今年は干支の五番目である「辰年」。干支には色々な発祥由来があるけれど、ちょっと「辰」「龍」「竜」について。

「竜」っていうのは、誰もが知ってる想像上の動物で、古今東西色々なお話に出没している。それで結構調べてみると、どうも「竜」と「蛇」は同等または変換可能なものとして扱われていることが多い。

これって、知らなかった。

ということは、「辰年」とその次の「巳年」はある意味、同じ流れで繋がっているのかな?

そこで、最近の辰年から巳年の流れを見てみた。

1988年ー1989年:1988年は旧ソビエト連邦でペレストロイカが本格化し、翌89年は、年明けに昭和が終わり、夏に天安門事件、そして11月にベルリンの壁が崩れた。一方、水面下では西側の新金融システムの構築が進行。

2000年ー2001年:21世紀への移行の年。アメリカでブッシュ、ロシアでプーチンが政権につく。ネオコン&新自由主義の幕開け。そして、9.11。

両方の時期とも、個人的にもとても色々あった時だし、世界的にも興味深い動きがあった時期。

今年、2012年は;ロシアやアメリカで大統領選。中国、韓国、そして北朝鮮での政権交代。日本は、震災や原発事故などの痛手から再生を目指す。決して簡単ではないけれど、日本は出来ると思う。でも、それ以上にヨーロッパのつけは大きいし、新興国も今までのような「イケイケドンドン」では成り立たなくなる。だから、世界中が手を取り合うことが本当に大切になってくる。もう競争の時代じゃない。共生の時代。もうしばらく言われていることだけど、今が、本当に手をつないで新しい世界を創造する最後のチャンスになってくるかもしれない。

そんなことを考えていたら、古代の神話的生物「ウロボロス」を思い出し、調べて見ると・・・

『古代の象徴の1つで、己の尾を噛んで環となった「蛇」もしくは「竜」を図案化したもの』と出た。

やっぱり、蛇と竜!ウロボロスは竜でもあったんだ。

『ヘビは、脱皮して大きく成長するさまや、長期の飢餓状態にも耐える強い生命力などから、「死と再生」「不老不死」などの象徴とされる。そのヘビがみずからの尾を食べることで、始まりも終わりも無い完全なものとしての象徴的意味が備わった』らしい。ヘレニズム文化圏などでは、世界創造が「全にして一であること」を象徴するものとして使われ、「無限」や「永遠回帰」「宇宙的一体性」などの意味を与えられた。

また、錬金術では、カオス(混沌)に対立する概念として用いられ、宇宙の「永遠性」と「循環性」、あるいは創造主によって作られた「秩序世界」を表す。錬金術師は、「不純なるもの(=混沌)」から「純なるもの(=賢者の石)」に回帰する手順を表装するものとして、このウロボロスの存在を挙げた。

「自然の回帰性」や「自己再生」「永続性(永遠・円運動・死と再生・破壊と創造)」「始原性(宇宙の根源)」など、広く多くの文化・宗教において用いられてきた。

この先、どんなことが起こるのかは誰も分らない。特に自然、母なる地球に関しては。

でも、自分たちで選び取る時間はまだあるし、その中で最善を尽くす事はできる。

また、多くの事象が語りかけてくれていることに、目を向け、耳を傾けることも出来る。

まだ、僕ら人間には多くの可能性が残されている。それを見つけて、共有して、前に進める。

辰から巳へ。

みんなで力を合わせて、素晴らしい世界が創れたら嬉しいね。

皆様、宜しくお願い致します。

2012年元旦

三上雄己