必要は発明の母 – necessity is the mother of invention

今日、三陸沖を震源とした地震、ありましたね。結構、揺れましたね。僕は、虎ノ門の路上に立っていました。かなり路上でいろんなものが揺れてました。びっくりしてビルから出てくる人々もちらほら。でも地震単体としては、地震国に生まれ、地震はデフォルトと思って生きてきた人間たちにとってはそんな大したものでもなかった。ただ、地震の震源が三陸沖と知った時、ぞっとした。

そうなんだ、まだ福島第一だって終わっていない。作業のど真ん中。使用済みの燃料を取り出せないまま、ズルズルとちょっとずつ漏らしながら、時間稼ぎをしている。いや、現場で働いている方達に彼らの命をつぎ込んでもらって、時間を稼いでもらっている。そんな現実をどんどん薄めていく、現在の日本社会。いいのかな?二言目には「経済」とかいうけれど、金がいくら残っても、もしこの日本列島で、もう一度3・11と同じぐらいの事故が、福島に限らず、どこかで起こったら、日本の土からは、放射能入ってない食べ物が取れなくなる。それどころか、海や空気を伝って、世界中にバラまかられる。その結果、ただでさえ食糧難が世界で叫ばれているのに、さらに食べるものが制限されることになる。
ところで、『必要は発明の母』という言葉を久しぶりに思い出した。みなさんもよく知っている言葉だと思うけれど、どうも日本語になった時に少しニュアンスが変わっているような気がする。もとになっているのはラテン語だけれど、一番良く知られているのは英語の’necessity is the mother of invention’。それで、この意味というのが、英語では ‘difficult situations inspire ingenious solutions’『困難な状況が独創性に富んだ解決を導き出す』のように、大抵、「困難」とか「難しい状況」的なものが発明を誘発する的なニュアンスになっている。ところが、日本語の注釈の多くが、そのまま「必要に迫られると〜」というのが圧倒的に多い。たかが、「ことわざ」だけれど、これはかなりメンタリティーに差が出ると思う。「困難」というものに対するメンタリティー。元来、日本人は「困難」に直面すると、ものすごくパワーを発揮する民だと思っていたんだけど。歴史から見ても。どうも、ここ数十年で変わってしまったか?でも、そう思いたくもない。
だから!ここでもの申す!まだ日本は諦める必要もない!これからまだ素晴らしい未来はある!ただし!これから、本当に大切なことを何と宣言するかで、将来が決定してしまう。それが、「いのち」なのか?それが、目先の「経済」なのか?(経済、経済って吠えて、それを原発稼働理由にしている人は、同胞を信じていないと思う。そして目先の利益を気にしている。または自分が我慢したくない人たち。)

同胞を、この国の民を、本当に能力の高い素晴らしい人間だと思っているのなら、たとえ困難が待っているとしても、たとえ少しの間は大変だとしても、それをきっと乗り越えられると信じられるはず。それが日本の戦後の奇跡の復興の力だったのでは?その力が世界を震撼させるぐらい驚かせたのでは?だから、その力(勤勉さと協力出来る心と我慢強さ)を持ってすれば、原発をやめても絶対に他のエネルギーの発明や転換が出来るはず!それを世界は待っている!同胞の日本に今住んでいる皆さん!信じようよ、自分たちを。そして、この国の本当の未来を。その気持ちを持って生きたら絶対やれる。
以上。

三上雄己

 

日本の猟師の話『ぼくは猟師になった』

この夏、京都でも『タイガからのメッセージ』上映会がありました。その際、出会った人々の中に千松信也氏がいます。今回は彼の著書、『ぼくは猟師になった』の話を少ししたいと思います。

『タイガからのメッセージ 』をすでにご覧になった方々には、すぐ分ってもらえると思いますが、『猟師』というのは、僕の最近のキーワードの一つで。森との共生、大きくは自然との共生で、最終的に必要になってくるのは、自ら獲物を獲る&採る力。それは、狩りであり、漁労であり、採集すること。現代社会に生きている人間にとって、とても遠い世界のように感じる「狩猟採集」という言葉。僕にとっても、タイガに通い始める前は馴染みの薄い言葉でした。でも、タイガに入り、クラスニヤール村の人々と一緒に生活をする中で、獣を狩ることや、川でその日の食事のために魚を獲ることや、森に生えている植物を採集することが、「日常生活の一部」である、ということが思いっきりリアルになったのです。そして、「命をいただく」という行為が、毎日の自分の「生」にこんなにも入り込んでいたという事実を再確認させられました。でも、まだ日本での狩猟ということになると、あまり実感が湧かないのが現実でした。

ところが最近、日本の若手の猟師たちに遭遇する機会が増え(若手って、伝統芸能系の世界で言われる50代ー60代じゃなくて。本当に30代ー40代の同世代たち!)色々日本の今の狩猟事情を直接聞くことが出来るようになってきたのです。その中でも、今年40歳になる千松信也くんは、もう猟師を始めて12年目。ベテランです。この本の中でも、山での猟の様子やそれにまつわる感情などが、とても生き生きと描写されていて、読んでいて「うわ、こいつはタイガに行っても、向こうの猟師と一緒にすぐやっていけるだろうな〜」と思わず唸らされる場面も多々ありました。しかも、東京のど真ん中の電車の中などで、京都の山中でのシカやイノシシの解体の話などが目に浮かぶほどにリアルに描かれているのを読むのは何だか不思議でしたが、「生きるとは」ということのコアな部分を良い意味で思い出させてくれる、力強い話です。是非、今だからこそ、多くの人に読んでもらいたい一冊です。ちなみに、これ読むと、猟師免許を取得したくなりますよ!by 三上雄己

夏の上映会の締め?信州、長門牧場におけるアウトドア・イベントでの上映会!

こんばんは。今週末、長門牧場において‘MOVEMENTS ONENESS CAMP 2012′というイベントが行なわれます。このイベントに『タイガからのメッセージ』を携えて参加します。テーマは「縄文と再生」。『タイガからのメッセージ』の伝えたいことにシンクロしているようなタイトルです。縄文時代とは、約1万3000年続いた、人間がまだ自然と共にあった時代。狩猟・漁労・採集がメインの営みだった時です。時期のズレは多少はあるものの、基本的にはこの地球において、人類はその誕生から、ほとんどの時間を狩猟や漁労、採集に費やし、それで生きてきたのです。農耕から始まった、今に繋がる文明社会はたかだかこの3-4000年でしかないのです。農耕文化や文明を否定しているのではありません。でも、自然と共生すること、または自然の一部であるという事実は、狩猟採集を行なっていると、常に直接的に、自分に帰ってくるものです。それを、多くの人間が忘れてしまったのは、大きな損失です。今、「環境の問題」が大きく取り上げられる時代になってしまいましたが、実際これは「人間の問題」。皆が、忘れたり、どこかに置いてきてしまった大事なことを思い出すために、地球が自然の力を通して、何かを訴えているのではないでしょうか?

今回のイベントは、主催者も色々な意識や覚悟を持って望んでいると思っています。その気持ちに賛同して、参加を決めました。ただ、このイベント自体は野外での祭りなので、その中でいくらテーマに沿っているとはいえ、映画の上映は非常に難しいものです。でも、満月から始まるこの週末に、皆の意識が、縄文の力を得て、大地と大空の間に立ち上るならば、面白い事になるのは必至!楽しみです。信州の山奥、古代の聖地で皆に会えるのを楽しみにしています。      by 三上雄己

今週末、フジロック2012で野外上映!

みなさん、こんにちは。暑いですね〜!昼間、東京のアスファルトの上にいると、‘暑さ’が‘熱さ’になって、まるでオーブンの中にいるようです。こんな時には、森や土があってそこを新鮮な空気が吹いて〜、なんていうのが一番!ですよね。本当は、タイガまでひとっ飛びに行ければ最高なんですが、そうは簡単に行かせてはくれません・・・が!今週末は、タイガにはほど遠いですが、森のあるところで、『タイガからのメッセージ』の上映があります!そうです、フジロックです。僕自身もなんだかんだと、7年振りぐらいにFujirock@苗場に出掛けるので楽しみです!場所は『富士映劇』と呼ばれる河原沿いのアウトドア・シアター。我が『タイガからのメッセージ』は、7/28(土曜日)の真夜中ぐらいから上映です。なんと、寅さんの後!寅さんの後に、タイガの虎の話とは・・・なんとも縁があるようなないような(笑)とにかく、今週末は天気も晴れそうだし、夕涼みにはちょうど良いかと思います。もし、フジロックに来られる方は、是非会場でお会いしましょう。一緒に楽しみましょうね!by 三上雄己

仙台および青山CAYでの連続上映会

こんにちは、三上雄己です。

先週の6/27(水曜日)、6/28(木曜日)と仙台から東京で、『タイガからのメッセージ』連続上映会を行ないました。皆さんのサポートの御陰で、両日とも非常に良いものとなりました!あらためて、ありがとうございました!

仙台では、東北大のご協力とご好意により、せんだいメディアテークの素晴らしい上映施設を使った上映会を無料でオーディエンスに提供することが出来ました。東北大の「生態系適応GCOE」の皆さん、ありがとうございました!

また、青山CAYでは、僕らも初めての試みとなる、 食と映画を同時に楽しむ会を行ないました。CAYの料理長で、タイ料理の鉄人(!)である森川氏が知人の猟師から日本ジカを一頭入手してくれました。映画に出て来る、森の民「ウデへ」のメインの食材は野生のシカ。そんな命の繋がりをシカを通して、映画を通して、皆で一緒に考え、感じられた一夜でした。参加してくださった皆さん、本当にありがとう!御陰さまで、とても興味深く楽しいイベントが出来ました!今後の上映会のヒントになりました。

今後、7月/8月/9月と地方での上映会を多く行ないたいと思っています。 既に、静岡や山梨での上映会が決まっています。その他も、現在調整中です。皆さんの地元や仲間でも上映会開催希望の方がいましたら、是非、連絡ください。(このサイトのcontactまたはtaiga forumのサイトへメールでご連絡いただければ、対応します。)

なお、今月以降の上映会情報は、『タイガからのメッセージ』公式サイトに今週中にアップします。
どうぞ、引き続きよろしくお願い致します!!!!!

NHK BS1 「ほっと@アジア」に出演します!

こんばんは。三上雄己です。突然ですが、明日、6月8日(金曜日)17:00~より、NHK BS1「ほっと@アジア」に生出演することになりました。僕らの映画「タイガからのメッセージ」の話を中心に、現地での活動や思うことなどを話してきます。生出演って、ちょっと不思議な感じですが、ライブやってるつもりで話してきま〜す。時間帯がちょっと微妙ですが、お時間ある方は見てみてください!!

『タイガからのメッセージ』の里帰り上映会@クラスニヤール村!

村の空

クラスニヤール村から、ハバロフスクに帰ってきました。タイ

ガから帰ってくる時はいつもそうなのですが、全く繋がらなかったネットと携帯電話が一週間振りに使えるのは不思議な感じです。また、一年前とはハバロフスクやウラジオストクのネット環境が格段に良くなっているので、さらにその気持ちに追い打ちをかけます。電磁波よ、再び!と言った感じでしょうか。

 

 

 

さて、クラスニヤール村に一年振りに戻っての映画の上映会や村の人達との交流ですが、結果は本当に感動するほどの大成功でした!

村役場の掲示板に貼られた上映会の告知

映画「タイガからのメッセージ」はクラスニヤールの人々皆に

受け入れられました。村の学校で2日間に渡って2回の上映会をしたのですが、毎回拍手で映画を賞讃してくれ、みんな口々に「素晴らしい映画だった!」「自分たちの本当の姿を伝えてくれて、ありがとう!」や「タイガのこんな美しいところをみたことがなかった」など、それぞれが映画に対しての感想を言ってくれました。

上映会の様子。老若男女が映画を楽しんでくれた!

 

特に嬉しかったのは、かなりの人が、「パート2が早く見たい!いつ作ってくれるんだ?」「世界中でこれを見せてくれ!」と言ってくれたことです。この言葉がどんなに僕を救ってくれたことか!!!

 

 

実は日本で関係者の中から、公開前に映画の内容に関して「制作者の視点と主観性」に疑問を投げかけられていた部分があったので、映画の舞台となったこの村における上映会は、僕にとってある意味「賭け」であるところがありました。この映画はタイガやウデへのことを描写した映画ではなくなったしまった、という意見まで出ていたのです。

この映画を仕上げていくにあたって、僕と木村輝一郎の制作者サイドは、今までのいわゆる‘ドキュメンタリー映画’という枠を越えた、新しい、未来へ向けた新しい表現を試すことを決心していました。もともと、この映画には、予定調和や決まったエンディングの設定というものは全くありませんでした。有機的なグルーヴをあくまで大切にした作品を目指していました。それが、この時代そしてこの空気感に必要だと感じたからです。そのため、撮影期間中に起きた2011年3月11日の体験は、当然のことながら我々に大きく影響を与えました。

タイガやクラスニヤールやウデへに対する、僕らの真剣な気持ちと眼差しを映像に反映させるためには、自分たち自身にも真摯に向き合う必要性があったのです。

お家にお邪魔しての意見交換

自らの問題や未来への難題を棚に上げて、‘タイガの自然’や‘先住民族の生活’というようなものを、どこかに存在する‘悠久なもの’というところに落とし込むことは決して出来ませんでした。何故なら、10万年後にも影響を及ぼす、人間の一生に比べれば遥かに‘半永久なもの’であるプルトニウムやウランといったものを、我々人間は作り上げ、しまいにはそれを地球上にバラまき、その処理さえ出来ないという状況を生み出してしまったからです。

 

そんな僕らの気持ちをクラスニヤールの仲間は理解してくれました。

この映画を見たウデへを始めとするクラスニヤールの人々は、今、日本の私たちに逆に問いを投げかけています。
「福島以降、日本は原発をどうするのか?どのように歩んでいこうとしているのか?どんな未来を作ろうとしているのか?」「私たちは、こうやって生きている。ではあなたたちは?」

穴の空いた石を家の玄関先にお護りとしてぶら下げる、ウデへの伝統

「タイガからのメッセージ」の中にも登場している、学校の校長先生は、「日本は地震があんなにも多い国なのだから、原発は無い方がいいんじゃない?」と上映会後に僕らに語りかけました。

この映画が、日本に住む僕らと極東ロシアに住む彼らの間で、何かしらのインターアクションのきっかけになるものになるかもしれない、そう思えました。

クラスニヤールの人々と本当の意味で一緒に「タイガからのメッセージ」を世界に発信していけるのだということを、改めて確認できた旅でした。

 

『タイガからのメッセージ』ロシアのウラジオストクで上映!

 привет! ウラジオストクからこんばんは!三上雄己です。2012年5月3日ー4日にかけて行なわれた、「第一回日ロ極東フォーラム」に参加しました。その中で、『タイガからのメッセージ』(ロシア語題 ’услышь тайгу!’)を、環境分科会の初日、オープニングで上映しました。日ロ極東フォーラムというイベントが未知数であることや、ロシアで初めて『タイガからのメッセージ』をお披露目することなど、色々気持ちが入り混ざって、ちょっとドキドキしながら当日を迎えました。フタを開けてみると、なんと、映画の舞台となった、クラスニヤール村の人達が大勢かけつけてくれたのです!感激!遠路はるばる、村からウラジオストクまで20名ほどが上映会に合わせて来てくれました!映画が始まっても、やっぱり皆がどんな様子で見ているか気になってしかたありませんでした。特にクラスニヤールの人々の反応が気になりました。でも、ところどころ笑ってくれたり、隣同士で顔を見合わせてクスクスしたりするのを見て、楽しんでくれてるようだったので、その様子を見てとても嬉しくなりました。最後にはみんな自然な感じで拍手をしてくれたので、『タイガからのメッセージ』が彼らに受け入れられたと素直に感じられました。

上映会後には、映画の感想をそれぞれが述べてくれ、彼らが本当に映画を気に入ってくれたことが分りました。ここに辿り着くまで、映画の完成後も、色々なことがあったので、彼らに自分のメッセージが届いたという事実は、本当に感無量でした・・・大変なことも沢山ありましたが、やはり作って良かった、心からそう思える瞬間でした。僕らを、そしてこの映画を、信じてくれた皆さん、どうもありがとうございました!ここからまた『タイガからのメッセージ』との新しい旅が始まる気がします。

 

4日の夕方には「日ロ極東フォーラム」もなんとか無事に終了し、閉会式における、環境部会代表の北海道大学の白岩孝行准教授のまとめによって、僕らのウラジオストクでの今回の仕事は終わりました。明日は、ハバロフスクに移動して、明後日には、約一年振りのクラスニヤール村です!今度は、さらに多くの村の人達に映画を見てもらいます!そして、感想をもらったり、意見を言い合ったり出来たらいいなと思っています。その様子は、また映像に収めて日本での上映会で皆さんにお見せしたいと思っています。乞うご期待!