日本の猟師の話『ぼくは猟師になった』

この夏、京都でも『タイガからのメッセージ』上映会がありました。その際、出会った人々の中に千松信也氏がいます。今回は彼の著書、『ぼくは猟師になった』の話を少ししたいと思います。

『タイガからのメッセージ 』をすでにご覧になった方々には、すぐ分ってもらえると思いますが、『猟師』というのは、僕の最近のキーワードの一つで。森との共生、大きくは自然との共生で、最終的に必要になってくるのは、自ら獲物を獲る&採る力。それは、狩りであり、漁労であり、採集すること。現代社会に生きている人間にとって、とても遠い世界のように感じる「狩猟採集」という言葉。僕にとっても、タイガに通い始める前は馴染みの薄い言葉でした。でも、タイガに入り、クラスニヤール村の人々と一緒に生活をする中で、獣を狩ることや、川でその日の食事のために魚を獲ることや、森に生えている植物を採集することが、「日常生活の一部」である、ということが思いっきりリアルになったのです。そして、「命をいただく」という行為が、毎日の自分の「生」にこんなにも入り込んでいたという事実を再確認させられました。でも、まだ日本での狩猟ということになると、あまり実感が湧かないのが現実でした。

ところが最近、日本の若手の猟師たちに遭遇する機会が増え(若手って、伝統芸能系の世界で言われる50代ー60代じゃなくて。本当に30代ー40代の同世代たち!)色々日本の今の狩猟事情を直接聞くことが出来るようになってきたのです。その中でも、今年40歳になる千松信也くんは、もう猟師を始めて12年目。ベテランです。この本の中でも、山での猟の様子やそれにまつわる感情などが、とても生き生きと描写されていて、読んでいて「うわ、こいつはタイガに行っても、向こうの猟師と一緒にすぐやっていけるだろうな〜」と思わず唸らされる場面も多々ありました。しかも、東京のど真ん中の電車の中などで、京都の山中でのシカやイノシシの解体の話などが目に浮かぶほどにリアルに描かれているのを読むのは何だか不思議でしたが、「生きるとは」ということのコアな部分を良い意味で思い出させてくれる、力強い話です。是非、今だからこそ、多くの人に読んでもらいたい一冊です。ちなみに、これ読むと、猟師免許を取得したくなりますよ!by 三上雄己

夏の上映会の締め?信州、長門牧場におけるアウトドア・イベントでの上映会!

こんばんは。今週末、長門牧場において‘MOVEMENTS ONENESS CAMP 2012′というイベントが行なわれます。このイベントに『タイガからのメッセージ』を携えて参加します。テーマは「縄文と再生」。『タイガからのメッセージ』の伝えたいことにシンクロしているようなタイトルです。縄文時代とは、約1万3000年続いた、人間がまだ自然と共にあった時代。狩猟・漁労・採集がメインの営みだった時です。時期のズレは多少はあるものの、基本的にはこの地球において、人類はその誕生から、ほとんどの時間を狩猟や漁労、採集に費やし、それで生きてきたのです。農耕から始まった、今に繋がる文明社会はたかだかこの3-4000年でしかないのです。農耕文化や文明を否定しているのではありません。でも、自然と共生すること、または自然の一部であるという事実は、狩猟採集を行なっていると、常に直接的に、自分に帰ってくるものです。それを、多くの人間が忘れてしまったのは、大きな損失です。今、「環境の問題」が大きく取り上げられる時代になってしまいましたが、実際これは「人間の問題」。皆が、忘れたり、どこかに置いてきてしまった大事なことを思い出すために、地球が自然の力を通して、何かを訴えているのではないでしょうか?

今回のイベントは、主催者も色々な意識や覚悟を持って望んでいると思っています。その気持ちに賛同して、参加を決めました。ただ、このイベント自体は野外での祭りなので、その中でいくらテーマに沿っているとはいえ、映画の上映は非常に難しいものです。でも、満月から始まるこの週末に、皆の意識が、縄文の力を得て、大地と大空の間に立ち上るならば、面白い事になるのは必至!楽しみです。信州の山奥、古代の聖地で皆に会えるのを楽しみにしています。      by 三上雄己

今週末、フジロック2012で野外上映!

みなさん、こんにちは。暑いですね〜!昼間、東京のアスファルトの上にいると、‘暑さ’が‘熱さ’になって、まるでオーブンの中にいるようです。こんな時には、森や土があってそこを新鮮な空気が吹いて〜、なんていうのが一番!ですよね。本当は、タイガまでひとっ飛びに行ければ最高なんですが、そうは簡単に行かせてはくれません・・・が!今週末は、タイガにはほど遠いですが、森のあるところで、『タイガからのメッセージ』の上映があります!そうです、フジロックです。僕自身もなんだかんだと、7年振りぐらいにFujirock@苗場に出掛けるので楽しみです!場所は『富士映劇』と呼ばれる河原沿いのアウトドア・シアター。我が『タイガからのメッセージ』は、7/28(土曜日)の真夜中ぐらいから上映です。なんと、寅さんの後!寅さんの後に、タイガの虎の話とは・・・なんとも縁があるようなないような(笑)とにかく、今週末は天気も晴れそうだし、夕涼みにはちょうど良いかと思います。もし、フジロックに来られる方は、是非会場でお会いしましょう。一緒に楽しみましょうね!by 三上雄己

仙台および青山CAYでの連続上映会

こんにちは、三上雄己です。

先週の6/27(水曜日)、6/28(木曜日)と仙台から東京で、『タイガからのメッセージ』連続上映会を行ないました。皆さんのサポートの御陰で、両日とも非常に良いものとなりました!あらためて、ありがとうございました!

仙台では、東北大のご協力とご好意により、せんだいメディアテークの素晴らしい上映施設を使った上映会を無料でオーディエンスに提供することが出来ました。東北大の「生態系適応GCOE」の皆さん、ありがとうございました!

また、青山CAYでは、僕らも初めての試みとなる、 食と映画を同時に楽しむ会を行ないました。CAYの料理長で、タイ料理の鉄人(!)である森川氏が知人の猟師から日本ジカを一頭入手してくれました。映画に出て来る、森の民「ウデへ」のメインの食材は野生のシカ。そんな命の繋がりをシカを通して、映画を通して、皆で一緒に考え、感じられた一夜でした。参加してくださった皆さん、本当にありがとう!御陰さまで、とても興味深く楽しいイベントが出来ました!今後の上映会のヒントになりました。

今後、7月/8月/9月と地方での上映会を多く行ないたいと思っています。 既に、静岡や山梨での上映会が決まっています。その他も、現在調整中です。皆さんの地元や仲間でも上映会開催希望の方がいましたら、是非、連絡ください。(このサイトのcontactまたはtaiga forumのサイトへメールでご連絡いただければ、対応します。)

なお、今月以降の上映会情報は、『タイガからのメッセージ』公式サイトに今週中にアップします。
どうぞ、引き続きよろしくお願い致します!!!!!

NHK BS1 「ほっと@アジア」に出演します!

こんばんは。三上雄己です。突然ですが、明日、6月8日(金曜日)17:00~より、NHK BS1「ほっと@アジア」に生出演することになりました。僕らの映画「タイガからのメッセージ」の話を中心に、現地での活動や思うことなどを話してきます。生出演って、ちょっと不思議な感じですが、ライブやってるつもりで話してきま〜す。時間帯がちょっと微妙ですが、お時間ある方は見てみてください!!

『タイガからのメッセージ』ロシアのウラジオストクで上映!

 привет! ウラジオストクからこんばんは!三上雄己です。2012年5月3日ー4日にかけて行なわれた、「第一回日ロ極東フォーラム」に参加しました。その中で、『タイガからのメッセージ』(ロシア語題 ’услышь тайгу!’)を、環境分科会の初日、オープニングで上映しました。日ロ極東フォーラムというイベントが未知数であることや、ロシアで初めて『タイガからのメッセージ』をお披露目することなど、色々気持ちが入り混ざって、ちょっとドキドキしながら当日を迎えました。フタを開けてみると、なんと、映画の舞台となった、クラスニヤール村の人達が大勢かけつけてくれたのです!感激!遠路はるばる、村からウラジオストクまで20名ほどが上映会に合わせて来てくれました!映画が始まっても、やっぱり皆がどんな様子で見ているか気になってしかたありませんでした。特にクラスニヤールの人々の反応が気になりました。でも、ところどころ笑ってくれたり、隣同士で顔を見合わせてクスクスしたりするのを見て、楽しんでくれてるようだったので、その様子を見てとても嬉しくなりました。最後にはみんな自然な感じで拍手をしてくれたので、『タイガからのメッセージ』が彼らに受け入れられたと素直に感じられました。

上映会後には、映画の感想をそれぞれが述べてくれ、彼らが本当に映画を気に入ってくれたことが分りました。ここに辿り着くまで、映画の完成後も、色々なことがあったので、彼らに自分のメッセージが届いたという事実は、本当に感無量でした・・・大変なことも沢山ありましたが、やはり作って良かった、心からそう思える瞬間でした。僕らを、そしてこの映画を、信じてくれた皆さん、どうもありがとうございました!ここからまた『タイガからのメッセージ』との新しい旅が始まる気がします。

 

4日の夕方には「日ロ極東フォーラム」もなんとか無事に終了し、閉会式における、環境部会代表の北海道大学の白岩孝行准教授のまとめによって、僕らのウラジオストクでの今回の仕事は終わりました。明日は、ハバロフスクに移動して、明後日には、約一年振りのクラスニヤール村です!今度は、さらに多くの村の人達に映画を見てもらいます!そして、感想をもらったり、意見を言い合ったり出来たらいいなと思っています。その様子は、また映像に収めて日本での上映会で皆さんにお見せしたいと思っています。乞うご期待!

『タイガからのメッセージ』の4月追加上映決定!

ご好評につき、映画『タイガからのメッセージ』の4月の追加上映会が決まりました!
GW前のこの機会に是非!ご予約はお早めに!

◆日時◆2012年4月23日(月)

◆時間◆19:00 – 21:00(18:30開場)

◆入場料◆2,000円(事前予約&前払い制)
※お申込みいただいた方にメールにて支払先等は詳細をご案内します

◆定員◆35名(先着順)

◆場所◆神楽サロン 2階
アクセス:有楽町線・南北線「市ヶ谷駅」出口5より徒歩5分またはJR「飯田橋」西口、東西線・有楽町線・南北線「飯田橋駅」出口B2aより徒歩8分
住所:〒162-0843 東京都新宿区市谷田町3-13 神楽ビル
TEL:03-6265-0580 / FAX:03-6265-0581

◆お申込み・お問い合わせ◆
Eメールにて(1)参加日(2)お名前(よみがな)(3)Eメールアドレス(4)電話番号を添えて、表題を【「タイガからのメッセージ上映会」の件】として以下までお申し込みください。
神楽サロン(担当:戸谷、瀧澤)
Eメールアドレス:info@kagurasalon.com
TEL:03-6265-0580/FAX:03-6265-0581

映画『タイガからのメッセージ』東京上映会 最新情報!

「今日のことばかりでなく未来のことを考えなければ。10年15年じゃなく100年先を見なければならない。そうすればビキン川もタイガも守れる」と静かに語るウデヘの猟師、ヤコフさん。命あふれる森タイガで、ヤコフさんをはじめとする先住民族ウデヘの暮らしを2010年の初夏から2011年の夏までおいかけたドキュメンタリー「タイガからのメッセージ」の東京上映会最新情報です。ご来場をお待ちしております!

ドキュメンタリー映画「タイガからのメッセージ」 いよいよ東京で公開!
3/28(水)15:00-17:30
4/20(金)19:00-21:00

極東ロシアに広がる針葉樹と広葉樹の森。その森のことをロシアでは‘タイガ’と呼びます。日本から約2時間でハバロフスクやウラジオストクに飛び、そこから5時間ほど(悪路を思い切り飛ばして!)車で行けば、すでにタイガの原生林の中です。
日本のすぐ近くにあるこの森には、絶滅危惧種のアムールトラやシマフクロウをはじめ、ヒグマやツキノワグマ、大きなイノシシやアカシカが生息しています。そして、その多種多様な生物や植物と長い間共生してきた先住民族ウデへが暮らしています。命あふれる森とそこに暮らす人々の生活を、2010年の初夏から2011年の夏までおいかけたドキュメンタリー「タイガからのメッセージ」。
『タイガからのメッセージ』日本語版予告篇

「この映画を通じて、タイガの声、さらには地球の声が皆さんに届くよう願ってやみません」と映画制作にかける思いを語る、監督の三上雄己をはじめ制作者も当日、ごあいさつをさせていただきます。皆さまと一緒に映画の公開を迎えられること楽しみにしております。ぜひお越しください。

【上映会日程】

◆日時◆
2012年3月13日(火)19:00-21:00(18:30開場)満員御礼:終了 ありがとうございました!
2012年3月28日(水)15:00-17:30(14:30開場)満員御礼:終了 ありがとうございました!
2012年4月20日(金)19:00-21:00(18:30開場)
※今後の日程は随時ウェブにて発表します。

◆入場料◆2,000円(事前予約&前払い制)
※お申込みいただいた方にメールにて支払先等は詳細をご案内します

◆定員◆35名(先着順)

◆場所◆神楽サロン 2階
アクセス:有楽町線・南北線「市ヶ谷駅」出口5より徒歩5分またはJR「飯田橋」西口、東西線・有楽町線・南北線「飯田橋駅」出口B2aより徒歩8分
住所:〒162-0843 東京都新宿区市谷田町3-13 神楽ビル
TEL:03-6265-0580 / FAX:03-6265-0581

◆お申込み・お問い合わせ◆
Eメールにて(1)参加日(2)お名前(よみがな)(3)Eメールアドレス(4)電話番号を添えて、表題を【「タイガからのメッセージ上映会」の件】として以下までお申し込みください。
神楽サロン(担当:戸谷、瀧澤)
Eメールアドレス:info@kagurasalon.com
TEL:03-6265-0580/FAX:03-6265-0581

映画『タイガからのメッセージ』札幌で特別先行レイトショー決定!4月3日の夜はタイガの森へ!

ドキュメンタリー映画『タイガからのメッセージ』
特別先行上映会@シアターキノ

【特別先行レイトショー上映会】

◆日時◆ 2012年4月3日(火)20:45開場 (21:00 – 23:00)
【映画上映&監督・三上雄己&音楽制作・OKI トークライブ】

◆入場料◆2,000円
◆定員◆ 70席(先着順)
 3月24日(土)より「シアターキノ窓口で入場整理番号付き前売り券発売開始!」
(当日券もございますが、上映当日は整理番号順のご入場となり、会場内は自由席となっております。)
【お問い合わせ】
シアターキノ
札幌市中央区狸小路6丁目南3条グランドビル2F
TEL/011-231-9355   FAX/011-231-9356

*****************************************

極東ロシアに広がる針葉樹と広葉樹の森。その森のことをロシアでは‘タイガ’と呼びます。日本から約2時間でハバロフスクやウラジオストクに飛び、そこから5時間ほど(悪路を思い切り飛ばして!)車で行けば、すでにタイガの原生林の中です。

日本のすぐ近くにあるこの森には、絶滅危惧種のアムールトラやシマフクロウをはじめ、ヒグマやツキノワグマ、大きなイノシシやアカシカが生息しています。そして、その多種多様な生物や植物と長い間共生してきた先住民族ウデへが暮らしています。命あふれる森とそこに暮らす人々の生活を、2010年の初夏から2011年の夏までおいかけたドキュメンタリー「タイガからのメッセージ」。

その植生や環境が北海道と似ていることや、アムール川からオホーツク海に流れ込む栄養分がタイガで養われていることから、制作側は当初から北海道と極東ロシアの繋がりを強く意識してきました。だからこそ、北海道では特に多くの方々に作品を見てもらいたく、他の地に先駆けて北海道での上映を先行させて考えてきました。

監督の三上雄己と音楽制作のOKIも当日、ごあいさつをさせていただきます。

会場で皆さまにお会い出来ることを楽しみにしております。ぜひお越しください。

*****************************************

『タイガからのメッセージ』:映画詳細
【長さ】80分
【音声】日本語、英語、ロシア語(英語版/ロシア語版は2012年4月完成予定)
【監督・脚本】三上雄己(abovo/ taigaforum)
【共同監督・撮影】木村輝一郎(abovo/ taigaforum)
【音楽】加納沖(OKI/ OKI DUB AINU)
【コンセプト】タイガの森フォーラム
【製作】タイガからのメッセージ製作実行委員会
【関連ウェブサイト】http://taigaforum.jp
【関連映画上映館】http://kagurasalon.com/cinema.html

2012年:ちょこっとマヤ暦に関すること 

A Happy New Year, 2012!

僕にとって、2012から2013という年は結構大きな意味を持っていた。多分7-8年前まではもっと色々な思いをこの年に対して持っていたような気がする。それは、中央アメリカの辺りで一時期繁栄したマヤ文明の残した暦にまつわる話。

確か1995-6年頃で20代半ばだった僕は、マヤ暦がそれまで出会った暦の中で一番宇宙的な時間を表していると思われ、とても心を動かされたのを覚えている。すぐにはまったけれど、最初はなぜそんなに正確な天文学的な数値を自分たちの暦などに組み込んでいるのか、どうしてそれが可能だったのかが不思議でならなかった。

でもそんなことより、宇宙からのメッセージを受けとり、それを読み解く能力が備わっていただろう(これはあくまで個人的な憶測)マヤ人の書物の中で、2012という年がなぜそんなに重要なのかが、興味の焦点となっていった。

もともと、終末思想的な部分にはすでに興味がなかったのだけれど、(生まれて育った時代がノストラダムス的なものに翻弄され過ぎたのかも)、どうしてそこで暦が終わっているのか、何故その数字なのか、それが不思議でならなかった。それでも何となく、漠然と、その区切りは「意識の革命」とか「意識レベルでの大変化」を指しているんだろうとは思っていた。(あくまで、超個人的、希望的観測!)

しかし年月が過ぎ、自分自身、歳を重ねていくうちに、違う視点も持つようになった。

皆さんの多くもご存知のように、この「予言」もしくは「人類への警告」的なものは、世界各地、色々な文化の中で見られる。特に有名なのは、ネイティブ・アメリカンの「ホピの予言」、そして新約聖書の最終章で知られている「黙示録」。

それぞれの言葉が残された場所も時代も違うのに、なぜか指し示しているのは同じようなこと。「人間よ、やらかし過ぎると大変なことになるぞ」とか「最終的には人間はお互い殺し合っておしまいだよ」とか「自然をかえりみない傲慢なやつらには最後は天罰下る」みたいなものが大半。

どうして?これらの怖い言葉に対しての疑問はかなり小さな時から持っていた気がする。

そして、そんな問いを抱えながら(って言ってもかなり深層の部分でね)、今まで色んなところに行って、色んな人にあって、色んなことを聞いて、色んなことを経験しながら、何となくぼやっと感じてきたことがある。

もしかして、今まで人間は人類史の中で、かなりやばいところまで経験してるんじゃないか?

だから、あの予言めいた言葉たちは、非常に局地的で一時的だったにせよ、本当の体験から来てる言葉じゃないのか?

ノアの方舟は、たぶんその代表的な話。旧約聖書やメソポタミア神話に出て来る洪水のお話。世界中に形を変えて、名前を変えて存在する寓話であり神話。世界中で、知らない人はいないぐらいかもしれない。

では、なぜそんなにも、これらの事柄を言い伝えたかったのか?想像するに、種の生存本能が人間に行なわせている「知の伝達」行為。

「こうやったらダメになるよ」「こうやったから俺たちは滅んだよ」「こうしないと大変なことが起こるよ」ということを伝達することによって、後世の知恵とする。でも、体験談的にすると多分簡単にスルーされるから「予言」とする。

しかも思いっきり恐ろしい話で。

今の今まで人間は環境をがっつり破壊しながら自分たちのエネルギーとして使ってきた。そこに無くなれば、あちらに移動し、さらに伐って掘って削って・・・つまり、懲りてない。良く言えば前向き、悪く言えば行き当たりばったり。そんなに先は考えてこなかった。

でも、使うのが全部悪ってわけではないはず。使い方の問題なんだと思う。だって地球は、人間が地球上にある色んな資源を最終的に見つけて使うぐらいのことは分ってるはずなんだから。でも、その使い方によっては、天国も地獄もあるよ、ということなんじゃないかな。

予言(体験?)が伝えてくれるところは、ほんとにギリギリなところまで人間は行ってしまって、最後に地球(自然)に一撃をくらってるっていうパターンが多い。または、自然が一撃加える前に人間同士が奪い合い殺し合う。

第一次世界大戦では1000万人以上の人々の死が報告され、欧州ではこれがまさに「ハルマゲドン」だと当時は言われていた。

しかし、そんな凄まじい殺し合いをも軽く越えたのが、第二次世界大戦。60カ国6000万人(7000万人とも言われている)以上の人々が5年ほどの間にこの世を去った。その間に効率的戦闘方法や大量殺戮のための兵器が凄まじいスピードで開発され、それと同時に僕らが普段恩恵を受けている「科学」が進歩したとされる。

そして、現在。

先の大戦争が終わって67年目の2012年。67年間、世界は大きな戦争をせずにここまできた。(それは進歩かも)でも、その間の経済発展と人口増加。2011年の11月、地球の人口は70億人を突破した。

それまでは、地球のどこかに資源が残っており、それを利用すればなんとかなっていた。だから、自由資本主義経済の原理も成り立っていた。

これから、人類は完全に未知の段階に突入する。

でも、たぶん心と魂の深いところではみんなどうすればいいのか、もう分ってる。

アラームは鳴り続けている。

鍵はみんなが握っている。

let’s make it together, brothers & sisters.

peace, love & light,

youki mikami