『タイガからのメッセージ』6月上映会のお知らせと、クラスニヤール村・タイガ・ビキン川流域の現状

『タイガからのメッセージ』上映会、6月27日(金曜日)に東京は飯田橋、神楽サロンにて開催します。先月は直前に上映会をキャンセルせざるを得なく、皆さんにはご迷惑をおかけしました。この場を借りてお詫びを申し上げます。

タイガフォーラムの活動をFBでフォローしてくださっている方々はご存知かもしれませんが、現在、この映画の舞台になった極東ロシアのタイガにある「クラスニヤール村」周辺ビキン川上中流域の森約1万2,000平方kmが、去年の暮れにロシア連邦「国立公園ビキン」に指定される方向に政府と行政が舵を切ったことにより、村の人々が揺れています。

そして、この件に関しての現地での情報錯綜もあり、その余波で、少なからずわれわれタイガフォーラムも影響を受けています。

以下、現地からの最新情報などを含めた、現状報告をさせていただきます。少し長くなってしまいますが、時間ある方には是非読んでいただきたいです。そして、続きは上映会後のトークセッションで直接話題にしたいと思います。

5月の終わりから、タイガフォーラムのメンバーの野口栄一郎が、北海道新聞などの現地取材にコーディネーターとして同行し、クラスニヤール村を訪れています。取材終了後の現在も、現地に残り情報収集などの活動をしています。どのような展開なるのか、われわれタイガフォーラムも日本から見守りつつ、連絡を取り合っています。

この国立公園設立の決議などにおいて、現状、見えてきているのは、この森と共に暮らしてきた張本人たちであるデへを初めとする先住民族の不在です。どうも、中央政府はじめ地方政府、それらを取り巻くステークホルダーたちの思惑が先立って、森に住んでいる村人たちの意見があまりにも反映されていないようなのです。

僕としては、ウデへのいないタイガは考えられないし、またタイガのないウデへも考えられません。なぜなら、ここのタイガの素晴らしさ、貴重さ、美しさの根本は、様々な困難がありながらもウデへたち先住民族が、現在に至るまでこの森と共に暮らす生活を死守してきたところにあるからです。

今は一部となってしまいましたが(それでも、東京・神奈川・千葉・埼玉を合わせた面積)原生林という今ではもう地球上にほとんど残っていない状態の森があり、そこにはトラやヒグマという大型の肉食獣を頂点とした、様々な野生動物の営みも未だに存在しています。

そして、これらの自然が残っている大きな理由の一つが、本当の意味で森と生きてきたウデへたちの存在であると思うのです。

人類は、色々な形の進化を遂げてきたかもしれませんが、一方で、色々な部分を退化もさせてきたと思います。その一つが大いなる自然(地球)との断絶です。それによって、恐らく持っていただろう力を手放してきたような気がするのです。しかし、ウデへのような先住民族に出会うと、その失った力の記憶のようなものが自分の中で蘇ってくる感覚におそわれる瞬間で出会います。それが、彼らのような人々の存在の貴重さであり、素晴らしさなのではないかと思っています。また、ここの先住民族たちは、伝統と現代文明というものを両方持ち合わせて生きるということにも挑戦してもいるので、ただの博物館的なショーケースに入った「伝統文化」ではないところも魅力の一つです。だからこそ、僕らが学べる事も多いのです。このことは、『タイガからのメッセージ』の根底に流れているテーマでもあります。

ただ、そんな彼らの暮らしがもしかすると壊されてしまう可能性もはらんでいる今の状態は、非常に危うい部分を持っていると感じています・・・

今回の上映会では、こんな気持ちをシェアしながら皆さんと映画を観て、話をしたいと思っています。

どうぞ、もう見た方も、まだ見ていない方も、お誘い合わせの上、是非この機会に上映会を通して、タイガやそこに住む人々に触れてみてください!会場で、映画制作チーム(abovo & taiga forum)一同、皆さんにお会い出来ることを楽しみにおります!  

by  三上雄己

Exhibition ‘Taiga Taiga Taiga’ @ さえずり館 丸の内

タイガのことを少し体験出来る?
abovoによるインスタレーション作品です。7/1~8/29の期間中、タイガにいる動物や植物たちの写真や映像が展示され、そして世界最大のトラ亜種、アムールトラの原寸大オブジェにも出会えます!日本から直ぐ近くに位置する、極東ロシアのジャングル、「タイガ」を体験しませんか?

場所は、東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル1Fにある、自然環境情報ひろば『さえずり館』です。
詳しくはこちらから。 

みなさんのお越しをお待ちしております!
by youki mikami

patagonia & taiga

本日、パタゴニア日本支社長の辻井隆行氏のトーク会に参加した。やはりパタゴニアは現在の社会において、会社として哲学思想的に一歩前を歩いているな、と改めて思った。そして、辻井さんを社長に抜擢した、創業者で今は会長として社員を暖かく見守っているイヴォン・シュイナードはすごい人だと思った。

スライドを見せながら会社理念を語る辻井隆行氏

パタゴニアはタイガ・フォラームの活動に協力をしてくれているパートナー企業の一つ。今日は久しぶりに再会し、意見交換が出来てとても有意義だった。今度は辻井さんやパタゴニアのスタッフとタイガに一緒に行きましょう、と盛り上がった。近い将来実現しそう!

思えばパタゴニアには極寒のタイガでの撮影中、冬のギアを提供していただき、とてもお世話になった。

 

 

 

 

冬のタイガでの撮影中のabovo 僕、三上雄己と相棒の木村輝一郎(向かって右)

だから、森や川好きのパタゴニアのスタッフとタイガを一緒に体験出来たらさらに嬉しい。森や山や川や海や空に国境なんかない。そこにあるのは、自分たちを産み出してくれ、生かしてくれている自然があるだけ。自然は、人間のちっぽけな部分を良い意味で吹き飛ばしてくれる。そして素で繋がることの気持ちよさ素晴らしさを思い出させてくれる。だから自然は素晴らしいし、地球に生まれて良かったと思える。

最近、同年代で、本当に心や身体的にも持っているものが近い人々と会って、意気投合して、未来の話が出来ている。こんな嬉しいことはない。感謝感謝!波来てる。もっと来い!みんなも乗ってこ〜い!;)     by youki mikami

日本の猟師の話『ぼくは猟師になった』

この夏、京都でも『タイガからのメッセージ』上映会がありました。その際、出会った人々の中に千松信也氏がいます。今回は彼の著書、『ぼくは猟師になった』の話を少ししたいと思います。

『タイガからのメッセージ 』をすでにご覧になった方々には、すぐ分ってもらえると思いますが、『猟師』というのは、僕の最近のキーワードの一つで。森との共生、大きくは自然との共生で、最終的に必要になってくるのは、自ら獲物を獲る&採る力。それは、狩りであり、漁労であり、採集すること。現代社会に生きている人間にとって、とても遠い世界のように感じる「狩猟採集」という言葉。僕にとっても、タイガに通い始める前は馴染みの薄い言葉でした。でも、タイガに入り、クラスニヤール村の人々と一緒に生活をする中で、獣を狩ることや、川でその日の食事のために魚を獲ることや、森に生えている植物を採集することが、「日常生活の一部」である、ということが思いっきりリアルになったのです。そして、「命をいただく」という行為が、毎日の自分の「生」にこんなにも入り込んでいたという事実を再確認させられました。でも、まだ日本での狩猟ということになると、あまり実感が湧かないのが現実でした。

ところが最近、日本の若手の猟師たちに遭遇する機会が増え(若手って、伝統芸能系の世界で言われる50代ー60代じゃなくて。本当に30代ー40代の同世代たち!)色々日本の今の狩猟事情を直接聞くことが出来るようになってきたのです。その中でも、今年40歳になる千松信也くんは、もう猟師を始めて12年目。ベテランです。この本の中でも、山での猟の様子やそれにまつわる感情などが、とても生き生きと描写されていて、読んでいて「うわ、こいつはタイガに行っても、向こうの猟師と一緒にすぐやっていけるだろうな〜」と思わず唸らされる場面も多々ありました。しかも、東京のど真ん中の電車の中などで、京都の山中でのシカやイノシシの解体の話などが目に浮かぶほどにリアルに描かれているのを読むのは何だか不思議でしたが、「生きるとは」ということのコアな部分を良い意味で思い出させてくれる、力強い話です。是非、今だからこそ、多くの人に読んでもらいたい一冊です。ちなみに、これ読むと、猟師免許を取得したくなりますよ!by 三上雄己

夏の上映会の締め?信州、長門牧場におけるアウトドア・イベントでの上映会!

こんばんは。今週末、長門牧場において‘MOVEMENTS ONENESS CAMP 2012′というイベントが行なわれます。このイベントに『タイガからのメッセージ』を携えて参加します。テーマは「縄文と再生」。『タイガからのメッセージ』の伝えたいことにシンクロしているようなタイトルです。縄文時代とは、約1万3000年続いた、人間がまだ自然と共にあった時代。狩猟・漁労・採集がメインの営みだった時です。時期のズレは多少はあるものの、基本的にはこの地球において、人類はその誕生から、ほとんどの時間を狩猟や漁労、採集に費やし、それで生きてきたのです。農耕から始まった、今に繋がる文明社会はたかだかこの3-4000年でしかないのです。農耕文化や文明を否定しているのではありません。でも、自然と共生すること、または自然の一部であるという事実は、狩猟採集を行なっていると、常に直接的に、自分に帰ってくるものです。それを、多くの人間が忘れてしまったのは、大きな損失です。今、「環境の問題」が大きく取り上げられる時代になってしまいましたが、実際これは「人間の問題」。皆が、忘れたり、どこかに置いてきてしまった大事なことを思い出すために、地球が自然の力を通して、何かを訴えているのではないでしょうか?

今回のイベントは、主催者も色々な意識や覚悟を持って望んでいると思っています。その気持ちに賛同して、参加を決めました。ただ、このイベント自体は野外での祭りなので、その中でいくらテーマに沿っているとはいえ、映画の上映は非常に難しいものです。でも、満月から始まるこの週末に、皆の意識が、縄文の力を得て、大地と大空の間に立ち上るならば、面白い事になるのは必至!楽しみです。信州の山奥、古代の聖地で皆に会えるのを楽しみにしています。      by 三上雄己

今週末、フジロック2012で野外上映!

みなさん、こんにちは。暑いですね〜!昼間、東京のアスファルトの上にいると、‘暑さ’が‘熱さ’になって、まるでオーブンの中にいるようです。こんな時には、森や土があってそこを新鮮な空気が吹いて〜、なんていうのが一番!ですよね。本当は、タイガまでひとっ飛びに行ければ最高なんですが、そうは簡単に行かせてはくれません・・・が!今週末は、タイガにはほど遠いですが、森のあるところで、『タイガからのメッセージ』の上映があります!そうです、フジロックです。僕自身もなんだかんだと、7年振りぐらいにFujirock@苗場に出掛けるので楽しみです!場所は『富士映劇』と呼ばれる河原沿いのアウトドア・シアター。我が『タイガからのメッセージ』は、7/28(土曜日)の真夜中ぐらいから上映です。なんと、寅さんの後!寅さんの後に、タイガの虎の話とは・・・なんとも縁があるようなないような(笑)とにかく、今週末は天気も晴れそうだし、夕涼みにはちょうど良いかと思います。もし、フジロックに来られる方は、是非会場でお会いしましょう。一緒に楽しみましょうね!by 三上雄己

仙台および青山CAYでの連続上映会

こんにちは、三上雄己です。

先週の6/27(水曜日)、6/28(木曜日)と仙台から東京で、『タイガからのメッセージ』連続上映会を行ないました。皆さんのサポートの御陰で、両日とも非常に良いものとなりました!あらためて、ありがとうございました!

仙台では、東北大のご協力とご好意により、せんだいメディアテークの素晴らしい上映施設を使った上映会を無料でオーディエンスに提供することが出来ました。東北大の「生態系適応GCOE」の皆さん、ありがとうございました!

また、青山CAYでは、僕らも初めての試みとなる、 食と映画を同時に楽しむ会を行ないました。CAYの料理長で、タイ料理の鉄人(!)である森川氏が知人の猟師から日本ジカを一頭入手してくれました。映画に出て来る、森の民「ウデへ」のメインの食材は野生のシカ。そんな命の繋がりをシカを通して、映画を通して、皆で一緒に考え、感じられた一夜でした。参加してくださった皆さん、本当にありがとう!御陰さまで、とても興味深く楽しいイベントが出来ました!今後の上映会のヒントになりました。

今後、7月/8月/9月と地方での上映会を多く行ないたいと思っています。 既に、静岡や山梨での上映会が決まっています。その他も、現在調整中です。皆さんの地元や仲間でも上映会開催希望の方がいましたら、是非、連絡ください。(このサイトのcontactまたはtaiga forumのサイトへメールでご連絡いただければ、対応します。)

なお、今月以降の上映会情報は、『タイガからのメッセージ』公式サイトに今週中にアップします。
どうぞ、引き続きよろしくお願い致します!!!!!

NHK BS1 「ほっと@アジア」に出演します!

こんばんは。三上雄己です。突然ですが、明日、6月8日(金曜日)17:00~より、NHK BS1「ほっと@アジア」に生出演することになりました。僕らの映画「タイガからのメッセージ」の話を中心に、現地での活動や思うことなどを話してきます。生出演って、ちょっと不思議な感じですが、ライブやってるつもりで話してきま〜す。時間帯がちょっと微妙ですが、お時間ある方は見てみてください!!